Jan21th

レーザーポインターより大きな出力パワー

Top / レーザーポインターより大きな出力パワー

http://lasershopping.com/

強力な緑レーザーポインター 200mw 100mWレーザーポインター

このドットサイトについて

光像式の一種で、特に小火器に装着され照準用の光像が点(ドット)状の物がこう呼ばれ、赤色のドットを表示するものは特に「レッドドットサイト」とも呼称される。覗いたときに見える光のドットに目標を合わせて狙い、アイアンサイトやピープサイトが照星、照門を合わせるのに対しこちらは単純に点に合わせるだけなので、素早い照準が可能となる。
真っ直ぐ一直線に輝きながらどこまでも進んでいくグリーンレーザーポインター 自作光に人は皆魅了されます。片手で自由自在に操る事ができるのがレーザーポインターです。

http://lasershopping.com/laser_pointer/detail/power-5000mw-green.html
レーザーポインター低消費電力設計で、発熱力を減らすことができる緑レーザー指示棒。手元から神秘的なレーザー光がはるかかなたまで発射される光景は感動的ですらあります。軍事指揮、演出、プレゼン、説明会、バーやパーティー、天文鑑賞用等、いろいろな場面で大活躍のグリーンレーザー。
緑色レーザーポインターの保護ゴーグルについて教えて下さい。

緑色レーザーポインターの保護ゴーグルについて質問です。

超強力レーザーポインターの少々強力な奴を購入したいと考えていますが、故障しやすい.危険等、何処でも悪評が目につきますが。

故障しやすくても、いいのです、安価ですし、ただ興味があり実際に体感したいのです
強力緑色レーザーポインターは、たいていホンコンあたりのサイトで販売してまして、極めて安っぽそうな保護ゴーグルもセットになってる事が多いですが、誰でも「あれで大丈夫なのか?」と、思っていると感じます。
レーザーポインターのクラス レーザー発振機自体は、クラス値や最大出力値が波長とともに機器に表示されている。クラス値や最大出力値によって光強度が、波長によってレーザーポインター光の色がそれぞれ判断できる。
クラス1 概ね0.2mW(単位:ミリワット)前後の出力。100秒間瞬きせずに直視しても問題無いとされる。光線の波長によって出力制限が異なる。後述のPSCマーク認定レーザーポインター、主に玩具用。人体に障害を与えない低出力のもの
クラス2 可視光(波長400nm~700nm)で、人体の防衛反応により目が保護されうる程度の出力以下(おおむね1mW以下) のもの。1mW未満の出力。0.25秒間未満の直視は問題無いとされる。PSCマーク認定レーザーポインター、主にプレゼンテーション用。
クラス3A
http://lasershopping.com/laser_pointer/detail/100mw-jd851.html
光化学的手段でのビーム内観察は危険で、放出レベルがクラス2の出力の5倍以下(おおむね5mW以下)のもの。法規制以前に販売されていた 現場レーザーポインターやレーザーマーカーなど。直視してしまっても瞬きなどで回避できる場合がある。望遠鏡などで直視した場合は目に致命的な損傷を与える。
クラス3B 直接又は鏡面反射によるイエローレーザーポインター光線のばく露により目の障害を生じる可能性があるが、拡散反射による
レーザー光線にばく露しても目の障害を生じる可能性のない出力(おおむね0.5W以下)のもの。500mW以下の出力。光学ドライブのレーザーがこれにあたる。光線の直視はいかなる場合でも避けなければいけない。
クラス4

拡散反射によるレーザー光線のばく露でも目に障害をあたえる可能性のある出力(おおむね0.5Wを超える)のもの。クラス3Bを越える出力。直視だけではなく、拡散反射でも目に悪影響を与え、やけどなどの皮膚障害を起こす。温度上昇により照射部分が発火することもある。レーザーショー向け。