Jul08th

10000mw赤色レーザーポインター

Top / 10000mw赤色レーザーポインター

カラス対策駆除みんなの声:10000mw赤色レーザーポインターおススメ:
http://www.24h-buy.com/10000mw-cheap-red-laser-pointer.html ,

1:年間40万羽も駆除されているのに、いまだ鳥獣保護法の対象であること自体が政府の怠慢。
早急に害鳥指定し、官民あげて日本国内からカラスを駆逐すべき。

10000mw(10w)超強力レーザーポインター赤色

2:緑色レーザー150ミリワットのをつかってみたけど、ほとんど
のカラスは光線をみただけで逃げるけど、なかにはにげないのもいる。
カラスのからだではなく、「目」をねらうこと、そうすると、にげる。
安全性をかんがえて、150にしたけど、300くらいがいいとおもう。
http://www.24h-buy.com/kgl-303-laser-300mw-green-dot.html ,

3:うるさいから射ったって?

それって単なる野鳥の虐待なんじゃないの

4:レーザー照射を受けたカラスは最後どうなったの?

グリーンレーザー

変な飛び方をしているで終了じゃないんでしょ?

5:カラスは光物が好きだぞ、逆に猫が嫌う 野良猫だって近所迷惑なんだよ!

当然トラブルの種になる 責任持って飼えもしないくせに半端な情を掛ける奴って苛つくわ

以下のカラス撃退レーザーポインター質問について:
https://24h-buy.academia.edu/catlaserpen/Papers ,

質問1:

レーザーポインター(クラス2)を興味本位で買ったのですが、使い道がありませんorz

この前、僕の家の木にカラスが巣を作ってしまい困ってるのですが、レーザーを当てれば撃退できますか?

今の時期、カラスを怒らせるだけでしょうかね??

回答:

レーザーの説明書にかいてあると思いますますが、人や動物に向けてはいけません。
クラス2なら週十秒間の直視でも害は残りませんが、万が一のために向けてはいけません。

カラスも住み着くのには理由があるはずです。
生ゴミが置いてあったり、ハンガーなどの巣の補強材料になりそうなものがあったり。
田舎の場合はエサが豊富だったりするので、原因を取り去るのは難しいですが。

カラスは非常に頭がいいです。
観察力もあるので、普段と違った風景になるだけで警戒心が強くなり、近づきません。
CDをぶら下げるだけでも警戒して近づきません。
でもカラスは学習能力も優れています。CDも危険でないことが分かれば無視します。
なので定期的に変化させなければいけません。

カラスを見かけたら追い払うのを繰り返せば、カラスも「ここは落ち着けない」ということが分かるので逃げていきます。
でも子育ての最中などでは集団で襲い返してくる場合もあります。
でもそのターゲットは子供やお年寄りなどの弱い雰囲気の人です。
堂々としていればカラスは逃げていきます。

5000mwレーザーポインターグリーン

質問2:

ラスがうるさいです。

毎日毎日近くの木に集まってカァカァ鳴いてコミュニケーションをとっています。

どうすれば退治できるでしょうか。

回答:

退治は法的に無理かも・・ですが レーザーポインターで追っ払うことはできます。プレゼンに使うレーザーポインターを、玩具のエアガン用のスコープや天体望遠鏡のガイド単眼鏡(十文字のマークが有るヤツ)で目的の距離の先で十字点とポインターが合うように縛り付け・・・狙うのはヤツ等の眼。ピタッと合うとカラスの眼が真っ赤に光ります。結構オモシロイげーむですよ。嘴細カラスは利口ですから直ぐアナタのことを危険人物と認識して姿を見ると立ち去るようになります。嘴太カラスは鈍と言うか図々しいですから時間が掛かるかも・・・ただし、絶対人間や他の動物には向けないでください。

レーザーポインタークラス1M又はクラス2Mのレーザー機器に係る措置
  1  レーザー機器
  レーザー光路に対し、次の措置を講じること。
(1)  レーザー光路は、作業者の目の高さを避けて設置すること。
(2)  JIS規格10.6に掲げるレーザー機器にあっては、レーザー光路の末端は、適切な反射率と耐熱性をもつ拡散反射体又は吸収体で終端すること。

青色レーザーポインター

 2  作業管理等
(1)  光学系調整時の措置
  レーザー光線により光学系の調整を行う場合は、調整に必要な最小の出力のレーザー光線により行うこと。
(2) 点検・整備
イ  作業開始前に、レーザー光路等レーザー機器の点検を行うこと。
ロ  一定期間以内ごとに、レーザー機器について専門的知識を有する者に次の項 目を中心にレーザー機器を点検させ、必要な整備を行わせること。
  (1)  レーザー光線の出力、モード、ビーム径、広がり角、発振波長等の異常の有無
  (2)  入力電力、励起電圧・電流、絶縁、接地等の異常の有無
  (3)  安全装置等の作動状態の異常の有無
  (4)  パワーメーター、パワーモニター等の異常の有無
  (5)  ファンその他の可動部分の異常の有無
(3)  安全衛生教育
  レーザー業務に従事する労働者を雇い入れ、若しくは労働者の作業内容を変更して当該業務に就かせ、又は使用するレーザー機器を変更したときは、労働安全衛生法第59条第1項又は第2項に基づく教育を行うこと。
  この場合、特に、次の事項が含まれるよう留意すること。
  (1)  レーザー光線の性質、危険性及び有害性
  (2)  レーザー機器の原理及び構造
  (3)  レーザー機器の取扱い方法
  (4)  緊急時の措置

 3  その他
(1)  レーザー機器等の見やすい箇所にレーザー光線の危険性、有害性及びレーザー機器取扱い上注意すべき事項を掲示すること。
(2)  レーザー機器の高電圧部分には、その旨を表示するとともに、当該部分に接触することによる感電の危険を防止するための措置を講じること。
(3)  レーザー光線による障害の疑いのある者については、速やかに医師による診察又は処置を受けさせること。
http://color.toma.jp//blog/buybuy/ ,